FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、70年目の大東亜戦争開戦の大詔奉戴日である。
いわゆる、「戦後70年」と銘打たれた本年、かの戦争を振り返る企画がいくつも登場した。その中で、開戦に関して特別に回顧しようとする試みは少ないようだ。
「敗戦」は、今に続く体制の基礎となった出来事だから振り返る価値があるが、「開戦」については世間はどのように考えているのだろう。もちろん一部の国民の間では、「きちんと継承しよう」という試みもなされているが、現代社会はとうに忘却しているかのようだ。
大東亜戦争の開戦は、結果的に我が国の敗北で決着した。そして、日本は敗北の日から、開戦に至るプロセスやそれに関わる政策・文化をすべて否定することによって、「戦後体制」を維持しえてきた。よって、敗戦とそれに続く現体制を論じることは善とされ、開戦までの日本は唾棄すべき存在として隠蔽することでしか、私たちは安心して生きられなくなった。

大東亜戦争を絶対的に正当化するものでもなく、徹底的に誹謗するでもなく…。
「あの戦争」の是非はともかく、まず民族の歴史として「起こった」ことを冷静に見つめられる作業は、いつになったら可能になるのだろうか。

そんなことを考えつつ、散華された御霊に合掌を捧げたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daitoaseinenclub.blog61.fc2.com/tb.php/530-fba662ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。