FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスで、大規模テロ事件が起きて数日経過した。事件の解明はこれから本格化するのだろうが、どうも色々と釈然としない。
被害に遭われたフランス国民が気の毒なのは言うまでもないが、問題はこの事件に反応している「世界市民」の方々だ。早くもFacebookでは、自分のプロフィール画像にフランス国旗を取り込み、追悼の意思を示し、「テロを許さない」という姿勢を出そうというキャンペーンが賑わっている。米国発のSNSで白人社会同士で細々やるならまだしも、世界を巻き込んで一斉に「テロダメ!ゼッタイ!フランス追悼!」とワンフレーズで埋め尽くそうというあたり、いかにもショービジネスに長けた米国ならではのアピールだ。

何もフランスがこのような事態に陥ったのは、シリア空爆を継続したことによる自業自得だというような、もちろん一理はあるにせよ、彼らを「やむを得ない犠牲だった」と冷酷に総括する気はない。
彼らの悲しみは想像するにあまりある。だからといって、いちいちSNSでこれ見よがしに「自分、追悼してます」と、時限的な陶酔に浸るなと思う。

そもそも、この変更設定がおかしい。プロフ画像変更期間が「一日」「一ヶ月」など設定できるのだが、追悼ってそんな軽いものではないだろう。本音ではさしたる関心もないのに、ひとたび今回のようなコトが起こると強迫行動のように世間の動きに同調しようとする現代人の軽さを思わずにおれない。
追悼というなら、なぜ連日空爆やテロに遭っているシリアやトルコの国旗を揚げないのだ。チベットや南蒙古・トルキスタンで弾圧されている人々を思わないのだ。日本国内においても、拉致された同胞に思いを馳せられないのだ。広島・長崎・福島・沖縄も全く終わっていないではないか。すべて、本人が意図しないところで命をないがしろにされている現実がそこにあるというのに。
命に差別はないと、よくいわれる。そうだと思う。ならば、今般のフランスでのテロの犠牲者に限っては思いの丈をこめて追悼の意思を示し、それ以外の国々(我が国も含め!)の命には、大々的に報道されないと関心も持てない。これでは、意図せずして命を差別していることと同じではないか。

フランスを特別視するなというのではない。追悼の形は人それぞれだし、Facebookで少しばかりの意思表示をしたい気持ちも分かる。生きながらえている私たちができることは、追悼に加えて、いつも通りの日常を過ごしつつ、現今の情勢を冷静に考えることに尽きよう。
「今こそ米国様について行こう」「今こそ護憲だ九条だ」とガラパゴスな結論で自己満足するのではなく、もはや民族間闘争の時代に足を踏み入れつつある現状への覚悟、私たちに残っているか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daitoaseinenclub.blog61.fc2.com/tb.php/527-4d5d20b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。