上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09.11 9.11
本日は9.11。14年前、米国に同時多発テロが勃発、世界情勢が一気に混沌と化した日である。
あの事件による犠牲者に対しては、心より哀悼の意を表したい。しかし、悲劇は悲劇として、ではなぜ米国があのような状態に陥ったのか、そして事件後に世界をいかに混乱の渦に巻き込んだか、をしかと自己批判する必要があろう。
また、国際指定暴力団米国に、いの一番に追随した似非日本も、米国同様に、なぜそこまでしてかの国についていくことを是とするのか、を反省しなければならない。それは、現今安保法案の抱える問題とも通底しよう。

ところで、先日中共が「抗日70周年式典」を挙行し、戦勝国同士で我が国をおとしめたわけだが(ただし、私たちが彼らのこの戦略にむきになってはならないことは、当ブログでも述べた)、以下のニュースによると、どうやら中国の人民は党本部の方針である「反日」「抗日」に、決して忠実ではないらしいことが分かる。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150908-00044729-biz_jbp_j-nb&p=3

要は、党のスローガンによって生活が向上し、飯が食える保証もないために、案外冷めているということらしい。もちろん、この報道ですべて語れるものでもないが、少なくとも10年ほど前までの「反日」ぶりよりはやや控えめになっているようだ。
とはいえ、したたかな中国である。今後も、いつどの時点で「反日」で煽るのか、注視が必要だろう。
米国にせよ、中国にせよ(その他の「戦勝国連合」も)、対日本の外交カードはかなり特殊らしい。使いようによってはカネにもなるし、国民を団結させることもできる。
翻って私たちは、相手からは色んなカラーリングで介入されるのに対し、ほとんど独自のカラーによるカードを切ってこなかったように見える。外国のように敵愾心を煽って商売するでもなく、米国のおこぼれのみによって細々と生きながらえてきた。
では、私たちが独自のカードたりえるのは何か。トランプゲーム大富豪の「革命」よろしく、「反米」=「ジョーカー」を演じることで、米国支配の世界秩序にご破算を願わなくてはならない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daitoaseinenclub.blog61.fc2.com/tb.php/517-b3ee6620
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。