FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.30 大学生の生態
以前(平成27年1月15日付)、当ブログで「ぼっち」席について書いたことがある。
ある日、ネットを見ていると、昨今のいわゆる「大学生」の生態がなかなかに興味深い。
「キョロ充」「真面目系クズ」「コミュ障」「ヲタ」「スイーツ(笑)」「厨二病」など、様々な生態に分類できるらしいが、一見した限りではその言葉がどのような意味を持っているのか分からない。
たとえば、「キョロ充」とは、キョロキョロあたりをうかがいながら群れを作ろうとする学生を指し、「真面目系クズ」は、一見真面目そうな雰囲気を持ちつつも、中身がてんで伴わない学生のことをいうらしい。いずれにしても、ポジティブな意味合いで評価できる言葉でないことは確かなようだ。

それにしても、今の学生はそんなに「劣化」しているのか。中にはしっかり考えている子もいるだろうし、ひとくくりにはできないが、少なくとも思うことは、そこまで「一人」が嫌で、他人とコミュニケーションをとりたくないものだろうか。
社会に出れば、孤独も挫折も面倒なコミュニケーションも全部こなさなくてはいけなくなる。現に私なども、きっと上の生態のどれかにあてはまるだろう。でも、根が単純なのか、そうした性質を自身で理解している。「人とあまり絡みたくはないけど、話は好きな、いい加減な自分」が好きだ。要は自分のパーソナリティをきちんと受け入れているか、だろう。

そう考えると、今の学生も自虐的な規定をしつつ、実は案外そんな境遇を楽しんでいるのかもしれない。上のような生態区分にいる自分を笑い飛ばし、目の前のことにきちんと向き合っているのかもしれない。
別に社会にいる全員が高学歴でいる必要もないし、コミュ障であっても何とか生きていける。というより、社会はそういう人で一杯だ(笑)。今の学生、こういう現実を意外と冷静に見ていて、きちんと彼らなりに受け入れた上で、上記のような表現をしているのだとしたら……結構侮れない存在だろう。やはり若者は強いのだ。否、強くなくてはいけない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daitoaseinenclub.blog61.fc2.com/tb.php/495-464f51b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。