上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.11 福島忌
東日本大震災から4年を迎えた。もう4年、まだ4年。様々な感慨が交差する日だろう。まずは、犠牲になった同胞の御霊の安らかならんことを念じ、そして平凡な日常を生きられることの尊さをかみしめたい。
タイトルに、福島忌と打った。不謹慎な表現かもしれないが、4年経過しても復興もままならず、故郷に帰ることが出来ない現実、政府は原発の稼働を止めようともしない。そして何よりも重大なのは、この日本で今上陛下の行幸を仰げない地が存在し続けているということだ。東北の同胞がたくましく復興に向かって進んでいることは、よく分かる。しかし、皇土が原発によって半永久的に汚され、美しい山河を見ることが再び出来なくなってしまったという意味で、東北は、否日本はあの日「死んだ」。福島忌が明けるのは、復興が完全に果たされた時だろう。

ところで、この日に合わせて、全国各地で黙祷が行われるが、なんとそれに反対する集団があるという。色々見ていると、政府主導の黙祷は原発立国を追認するものだから、これに反対しなければならないという。理解に苦しむが、黙祷をする、しないは個人の自由だろう。しかし、私たちはこの日に何があったか、そして忘れないために最も簡潔にできる行動が黙祷だということを知っている。その純粋な行為に対してさえ、拒否を強制し、同胞の痛みを分かち合うことにすら難癖をつける。あまりにも哀しい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://daitoaseinenclub.blog61.fc2.com/tb.php/481-97487a43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。