上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05.15 大夢祭
本日、五・一五事件の首領、三上卓中尉にちなんだ大夢祭が岐阜県にて開催の由、しばらく列席できていませんが、盛会をお祈り申し上げますとともに、悠久の国史と皇土の護持に、一人一人がより一層挺身することを省みる日としたいと思います。
スポンサーサイト
オバマ大統領が、伊勢志摩サミット出席後に広島を訪問することが決定した。現職大統領としては、初の訪問となる。
日本国内では訪問を意義深くとらえる向きもあるが、ホワイトハウスとしてはあくまでも「訪問」を強調しており、米国として謝罪などは予定していないし、また日本側からも求める気はないという。ただし、「核無き世界」に向けたアピールをする狙いはあるだろうし、その中で何らかのオリジナルなメッセージを発する可能性もある(なんといっても、ノーベルヘーワ賞も受賞してもいる)。

百歩譲って、今回の訪問はあくまでも日本側の招待によるものだし、訪問後のアクションは米国側にゆだねられるべきなのかもしれない。しかし、この訪問は一市民の観光とは全くレベルが異なるし、やはり何らかの政治的思惑があると考えるのが自然だろう。
米国には、依然原爆投下を正当化する声が根強い。投下によって今日に至る戦後空間が形成され、その筆頭に米国が君臨し得てきたからだ。そして日本側も、「負ければ賊軍」なのだから、もう謝罪などはいらない、何かを感じてくれればそれで良い、という向きが多いようだ。

しかし私たちは、外国に浪花節など通じないことを自覚すべきである。彼らは原爆について、「悲惨な経験と記憶」として顧みることはあっても、投下された我が国に対して投下が人道的に誤っていたなどと自己批判することはあり得ない。
となれば、皮肉ではあるが、私たちからそのアクションを求めるよりほかない。
たとえ、その可能性がなくとも、求める権利はある。
日本は、極東国際軍事裁判で「人道に対する罪」「平和に対する罪」により断罪された歴史がある。その「罪」を作り上げたのは、他ならぬ米国をはじめとする戦勝国であった。では、戦勝国はこうした「罪」を全く負ってこなかったのだろうか。答えは明白だろう。
原爆投下は、戦略的には「戦争を物理的に終結させる手段」だったかもしれないが、人道的には完全に誤っている。現に後遺症に苦しむ被爆者が存在し、補償も万全ではない。被爆者にとって、戦争は終わっていないのである。それにピリオドを打つとすれば、日本側がしかるべきアクションを米国に求め、彼もそれに応えること以外にない。
当日は現地も最大の厳戒態勢になるだろう。単なる訪問に終わらせず、被爆者に少しでも安寧をもたらしてほしい。そして、これに終わらず、長崎へも訪れ、これまで通りではない発信力を米国に期待したい。

一昨日は、毎月恒例の梅田での演説会に参加しました(恒例とはいえ、個人的には2ヶ月ぶりの参加でしたが…)。

この時期より、段々演台の上が暑くなってくる(汗)。

路上とはまた違った暑さ、体験してみませんかっ(笑)?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。