上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相模原市中央区にある米軍基地で爆発事故が起こって数日経った。爆発の原因や、何の物質が燃えたかなど、一切は米軍の管理下にあり、詳細を把握することはできないという。
沖縄にある米軍基地にしてもそうだが、基地内で起こった事件は、日本国内であるにも関わらず決して私たち国民に情報がもたらされることはない。むしろ、日本側が重要な案件を知る際には、米軍に「お伺い」を立てなければならない立場にある。
日米地位協定ならびに日米安保条約の正体は、言うまでもなく単なる不平等条約であり、安倍首相の言う「新たな日米の架け橋」や「永遠の同盟関係」といった表現は、「白人勢力には二度と逆らわない」ことを言い換えたものに過ぎない。
そして、これを支持する同胞が少なくないことにも愕然とする。

安倍氏は、一応吉田松陰を尊敬しているという。松陰は尊皇の立場でありつつも、視線は世界に向いていた。また、明治の元勲の多くは、松陰の影響をうけたことは周知である。開国にあたり一旦は欧米と結んだ不平等条約を改正し、世界と対等に渡り合うのに奔走したことは事実だろう。ならば、自民党政権の一連の妄動にみられる、米国の忠実な僕に徹する姿は、果たして松陰は是とするのだろうか。
仮にも尊敬する気概があるならば、まずは米国との関係を清算してみせたらどうか。幼稚なヤジを飛ばしているあたり、望むべくもないだろうが。
スポンサーサイト
今年も24時間TVが放映された。アイとヘーワを謳い、福祉について考え、全国各地で募金を行う。その割に出演者にはしっかりギャラが支払われ、一夜限りのヒューマニズムに満ちた涙で日本を感動の渦に巻き込む…。そして、お決まりのマラソンでは、水戸黄門の印籠の場面よろしく、決まってエンディングで完走(そしてまた強制的に涙を誘わせる)。
毎年こうもよく飽きずにやれるもんだなぁと、むしろ感心してしまう。決まった尺を、しっかりこなすテレビ局の仕事ぶりもスゴイと思う。
斜陽産業と呼ばれて久しいテレビ業界にあって、視聴者参加型の先駆けともいえる24時間TVの試みは、もうある程度成功もしているし、国民の意識としても、たとえば福祉について1年に1度しか考えないというお気楽な生活形態ではなくなっている。であれば、いっそのこと24時間TVは放送を終了して、24時間TV中止の日でもやれば、さらに斬新な規格になるのではないか。世間は節電の折からまた注目を集めると考えるが如何。

むろん私たちの世界は、24時間365日、国のあり方について考えていますので悪しからず。
本日、70年目の終戦の大詔奉戴日…。

様々に議論はあろうけれど、今日ばかりは、戦争で犠牲となられた御霊に静かに合掌したい。

大東亜青年倶楽部
安保法制により、米国の属国強化を押し進める安部政権。
現在の占領憲法である我が国日本国憲法において、更なる米従属法案なる安保法案をこのまま解釈改憲という形で上塗りさせるのか?
答えは「否」である!!
未だに犯罪国家である米国の「人道に対する罪」の償いが無いままに大量虐殺された我々の同胞達の無念を晴らせず、民主主義ごっこを平和と偽り、色々な角度からの国防策がある中、日米同盟無くしての我が国日本防衛などあり得ないという声もある中で、米国従属化を脱却しなければ自主国防体制の確立無しとする我々の見解と、何よりも米国の犯した「大罪」をこのまま見過す訳にはいかないのである!!
真の民主主義を来世に作る為に、我々と共に声を上げてくれる同志よ!!
下記に結集されたし!!

「8・9米国による広島長崎の原爆攻撃を忘れない横須賀集会」
場所:ヴェルグ横須賀(横須賀市日ノ出町1-5)4階第二会議室
集会:午後3時から
デモ:午後4時半出発
主催:8・9横須賀集会実行委員会
統一戦線義勇軍中央委員会


「8・9米国による広島長崎の原爆攻撃を忘れない関西反米集会」
場所:日東公園(大阪府大阪市浪速区日本橋東3-2)
集会:午後2時から
デモ:3時出発主催:8・9関西反米集会実行委員会
統一戦線義勇軍関西管区
2015.08.09 鎮魂 長崎忌
本日、米国による長崎への原爆投下にて亡くなられた御霊に対し、心から哀悼の意を表します。
また、旧ソ連による北方領土侵犯に対し、抗議の意を表します。

民族痛恨の日に

大東亜青年倶楽部
2015.08.06 追悼 広島忌
本日、70年目の広島忌。
原爆の惨禍を忘れないのはもちろんのこと、米国による蛮行を決して許してはならない。

民族痛恨の日に

大東亜青年倶楽部
2015.08.03 伝える責務


早いもので、もう8月だ。毎日猛暑だが、なんとか乗り切りたいところだ。

さて、猛暑の中、毎月定例の演説会に参加してきたわけだが、自ずとこの月は原爆についての話となってしまう。
ところで最近は、原爆が投下された日をきちんと答えられる人が少なくなっているという。そればかりか、日米が戦争したことすら知らない人もいるらしい。愕然とする。いくらなんでも、そこまでアホになっちゃいかんだろう。

私個人としては、原爆の問題は右左に関係なく考えなければならないことだと思っている。やはり、唯一の被爆国という意味は重い。にもかかわらず、たった70年前の事実すら記憶から抹消しようとしている現代日本人…報道・ドラマ・映画・文芸作品などでさんざん伝えられてきたはずなのに。結局、伝える側の一方通行に終わっていたとしたら、これほど徒労なことはない。否、だからこそ意志のある人間が伝える責務を負うているはずなのだ。もう少し粘ってみたいと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。