上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度に入ってから、ろくにブログの更新もせずすでに半月も経ってしまった…。日々の雑事にかまけて、といってしまえばそれまでだが、仕事に追われているとついつい時事問題からも遠のいてしまいがちだ。きっと、現代を生きる人びとの大半は、こうした日常を送るがゆえに時事になどかまっていられず、それが世の暴走に拍車をかけているのだろう。いわんや、そこに独自の信念を掲げて運動する、となるともはや世間的には珍獣扱いになるのも無理はない。実際私たちはそういう境遇にいる。問題は、自らの珍獣性を認識しつつ、絶滅しないようしぶとく生き続けることだ。

さて、北摂にある島本町という小さな町で、「楠公680年祭」が催行される。この町に桜井駅(今の駅を意味するのではなく、馬屋)というところがあり、そこで南北朝時代の武将、楠木正成が子の正行と今生の別れを告げた場として名高く、戦前は結構な観光スポットであった。今も、公園として整備され、散歩などに良いコースだ。
楠公関係の資料を色々見ていると、80年前の600年祭の時はかなり盛大で、記念講演会に冊子に、様々にアピールされていたようだ。
そして今、680年祭として挙行されるという。喜ばしいことだ。しかも、民族派有志によるものではなく、主催は地元住民、自治体も後援に名を連ねている。国史を反省し、復興する試みとして応援したい。

楠公680年祭
【日時】
平成27年5月10日(日)
午前10時~ 開会・スライド上映・講演(於:歴史文化資料館)
午後1時~ 演舞(於:桜井驛蹟公園)
スポンサーサイト
2015.04.01 新年度
今日から新年度だ。入学・入社で心機一転、一方では9月を新年度に…などという意見もあるようだが、やはり「サクラサク」の季節に新しい年度を迎えた方が、私たちの心性に合っているような気がする。

さて、今日はそういう節目でもある一方、「四月馬鹿」の日でもある。この日だけは、嘘を吐いても良いとされているが、何も今日を特別そういう日にしなくとも、戦後空間が一貫して嘘で固められてきたのだから、まずはその事実を払拭しなければならないだろう。

…というボヤキはさておき、今日近所で新しいバーがオープンする。もっとも、数日前からプレオープンはしていたが、正式な開店日は、新年度に合わせて本日としているようだ。上っ面の好景気の報道ばかりが優先され、実際は好況感など微塵もないのだが、そんな中でも新しい店が出来ると、周辺の雰囲気も変わるし色んな人との縁も広がる。やはり嬉しいものだ。
今日も、短い時間だがお祝いに駆けつけよう。

今年度も当部ブログを宜敷お願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。