上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.17 後戻りなし
過日行われた沖縄県知事選で、前那覇市長翁長雄志氏が現職の仲井真弘多氏を破り初当選を果たした。正直なところ、アメポチ自民の意向を受けた仲井真氏が再選するのではと思っていたが、沖縄県民はその選択をしなかった。重大な結果をもたらしたといえるだろう。
翻って、本土に住む私たちの、何と政治的関心の低いことよ…。沖縄について補助金がどうのとグダグダ文句をいうなら、まず自分たちが襟を糺すべきではないか。

それにしても、ここへきて解散総選挙も現実味を帯びつつある中、自民は厳しい選挙戦を強いられるのではないか。今回の知事選では、基地問題が優先的な争点となったわけだが、万一この問題が解決したとしたら、これこそ安倍首相のこだわる「戦後レジーム脱却」の象徴的な一事となるのではないのか。戦後日本の最大の問題は、他でもない米軍基地問題にあるはずだ。自民にとっては、今選挙は歴史的快挙として喜ぶべき選挙だろう。

こんなことをいうと、あたかも中共の手先であるかのような批判を受けそうだ(笑)。しかし、この手の批判が既に敗北者の発想であることを、批判者諸氏は自覚しなければならない。中共の謀略から護るには、結局のところ独立がしかと担保されるまで米国に頼らざるを得ないなどという理屈に、「独立の気概」などうかがえようはずもない。基地問題と正面から向き合い、解決にもっていく。その解決方法とは、当の米国も認めているように、基地撤退に他ならない。この度の選挙結果を、本土の我々もしっかりと共有しない限り、ヘタレ戦後日本人の姿は、いつまで経っても克服されまい。
そして新知事を迎える沖縄県も、県民の意志を反故にすることなく、基地に絡む>有象無象の問題を、次の任期で清算する覚悟を持ってほしい。それへの声援は惜しまない。その意味で、沖縄県も「後戻り」はできないことになった。
スポンサーサイト
昨日仕事帰りに地下道を歩いていたとき、隅で演奏をしていた青年がいた。立ち止まって少し話をした。彼の持っていた楽器はリュートといって、日本ではなかなかお目にかかれない弦楽器だ。彼はそれを携え、東京から実家のある大阪まで、放浪の旅を続けているのだという。
一曲弾いてもらいつつ、歩く人もまばらな地下道での彼の姿を見たとき、何とも不思議な感覚を覚えた。

昨今、路上でのパフォーマンスは避けられがちだ。梅田や新宿のような繁華街ならともかく、地方や、都市の中でも少し外れた場所ともなると、こういう人はめっきり見かけなくなった。
きっと、昭和の時代や20世紀内のころは、まだまだ街の至るところに路上から発信し、芸術を創造していた人たちがいたのだろうと思う。
路上は、私たちが生きるために使用する場所でもあるし、この国に住まうことを証明するためのツールでもあろう。最近、それが単なる通行用の平面となってきていないか。それはそれとして、やはり路上で何かを行う権利を、みすみす放棄してしまうのはもったいない。どこかでパフォーマンスしている光景に出遭ったら、まずは立ち止まってその空間を共有したい。

さて、青年はあと数日界隈で過ごすといっていたが、今日も遇えるだろうか…。
2014.11.11 常套手段
世間では、にわかに政局模様らしい。
衆院を来週にも解散し年末に選挙だ、と騒ぎ始めている。当の安倍首相は、「一言も触れたことはない」とうそぶいているが、舌の根も乾かぬうちに国民に嘘をつくのは、自民のみならず永田町民の常套手段だ。
今さら何を発表されても、さして驚きはしない。でも、一つ悔しいのは、永田町のくだらないお祭り騒ぎに、否でも応でもつきあわされるのは私たち国民だ。その期間中は、私たちの少なくない権利が侵害され、その結果何も得るものの無い、いつも通りの無駄遣いだ。

いつまで経っても学習することのない、永田町民と国民のなれ合いを絶つことのできる手段は何だろう。
今さら暴力革命だ、という気はない。しかし、どんなことを何遍やっても、この国が良くなる見込みがないならば、沈没を見届け、またそれと運命を共にするしか、道はないのだろうか。
もう、腐りきったこの社会・世間にうんざりだ、と嘆く人々は多い。嘆くだけで世の中が変わるなら、何の苦労もいらない。では、選挙に行って何か変わった試しがあっただろうか。その時点で、永田町民の「一局の碁」の上で操られるだけなのに。
やはり、碁盤をひっくり返すのも、私たちの権利ではないだろうか。それは、暴力の行使でしか解決できないわけではない。たった一言のつぶやきからでも、可能なのではないだろうか。
社会・世間が固執しようとする「常套手段」とやらに、抗おう。
2014.11.05 地道な運動
神道青年全国協議会という、神職の団体がある。
同会のサイトによると、創立65周年記念事業の一環として、「竹島之碑」建立事業を展開したという。9月9日、建立地の島根県隠岐の島町にて竹島之碑建立起工清祓式を、また10月29日には、竹島之碑竣工日本海平安祈願祭並びに殉難者慰霊祭を
執行したそうだ。

私たちと同様、なかなか表だって報道されることは少ないが、こういう地道な運動にこそ声援を惜しんではならないだろう。同会の趣旨に賛意を表する。
2014.11.03 奉祝 明治節
明治天皇の御聖徳を、国民一同心より御奉祝申し上げます。

霜月三日
大東亜青年倶楽部

今日は、毎月第一日曜の定例演説会。場所は、大阪は梅田のヨドバシカメラ前だ。
もうここで話をさせて頂いて二年ほどが経つ。
反応こそ限定的だが、やはり決まった時間・場所でやり続けることは大切なのだろう。

今回は、私は社会の多様性について話をした。
要は、右は左は言うまでもなく、色んな人間がいてこその社会だから、それを無くそうとする昨今の風潮にはNOを突きつけよう、という感じのことを長々と話した。
いずれYouTubeにもアップされると思うので、またご覧下さいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。