上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やおい系」という言葉がある。漫画用語の一種だが、「(作品の)ヤマなし オチなし イミなし」の頭文字をとって、そういう作品をやおい系と呼んでいる。
この言葉が今最も似合うものといえば何か。
それは、年末に行われる衆議院総選挙(都知事選も含まれよう)である。

誰も期待していないのに、「第三極」なるクズ政党の登場ばかりがクローズアップされ、今や12政党が選挙戦に向かっているという。バカバカしいと感じている方は、きっと少なくないだろう。
選挙ゴロとなり果てた自称政治家の皆さんは、何故この時期に政党作りに励むのか。何のことはない、政党助成金にありつく魂胆が見え見えではないか。
遡れば過去の選挙でも、政党が数多く登場し、終了後には何事もなかったかのように合併、解散していった事例は数え切れないほどある。
助成金狙いのほか、さらには現行の選挙制度での一票の格差が違憲と判断された中での総選挙、政党作りである。つまり、国民の声がまともに反映されない、違憲状態での選挙戦であるから、結果がどうなろうと、理論的には無効なのである。そこを突っ込む報道や政治家はいない。自称似非日本国は、名実ともに無法国家に成り下がった。

しかし、選挙は確実に行われ、どこかの政党が主導権を握るのだろう。
そこで1つ提案したいのは、最高裁に違憲立法審査権を発動してもらいたいのである。
そもそも、違憲状態での選挙は、結果がどうあれ違憲なのだから、有効性が担保されていない。だとするなら、最高裁によって、総選挙の適法性を審査してもらいたい。普選法は憲法の下位法であるから、違憲となった普選法に有効性は認められないはずである。
最高裁よ、最後の法の番人を任じるなら、このデタラメ総選挙にNOを突きつけ、永田町のこれまでのやり口を白紙撤回させよう!
スポンサーサイト
2012.11.23 奉祝 新嘗祭
本日は新嘗祭、誠におめでとうございます。また、今上陛下によります五穀豊饒の御祈念、誠にありがとうございます。


今年1月、広島市中区の平和記念公園内の原爆死没者慰霊碑にペンキが吹き付けられた事件で、県警広島中央署などは13日、器物損壊容疑で、作家三好誠容疑者(77)=大阪府吹田市千里山松が丘=を逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は、1月4日午前0時55分ごろ、同区中島町の慰霊碑に刻まれた碑文「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」の、「過ちは~」の部分に金色のペンキを吹き付けた疑い。
捜査関係者によると、三好容疑者は「碑文の文言に腹が立ってやった」と説明しているという。防犯カメラの映像などから浮上した。
三好容疑者は日本ペンクラブの会員で、国際ジャーナリストなどと名乗っていた。
(時事通信社)



三好氏の行動の意味を、私たちは今一度深く考えなければならない。根本原因が「戦後似非日本」「米帝支配」、そして「戦後日本人の精神構造」にあることは言うまでもない。過去幾度となく敢行された一連の事件は、単なる器物損壊などという次元の話ではなく、「戦後」に対する重大な疑問が投げかけられている。私たち日本人は、よくよくこの行動の意味を服膺しなければならない。
先日、駅の方から何やら大きな声がしたので、どこかのグループが演説しているのかと思い、そこまで足をのばしてみた。
見れば、自民党が駅頭で演説していた。名前までは見なかったが、若手の方のようだった。
思想信条を述べる権利は、誰にでも与えられているし、その自由は大いに尊重しなければならない。

しかし…自民党さん、どんなに立派な主張をしても、もうあなた達には未来はありませんよ。「生きる希望と明るい将来」について、危機感を持って訴えられていましたが、それらは自民党さん本位の希望や将来(つまり議席と利権)であって、我が国のためのものではないでしょう?どの政党にもあてはまる、党のための希望と将来。政治家がこの原則を守っている限り、恐らく永遠に日本の再興は見込めないですよ。大体、日本をここまでどん底にした根本原因は自民党さん、あなた達にあるのですよ?まずその総括からやりましょうよ。未来への展望を語るのはそれからです。

また、若手の議員さんへ。国を良くしたい気持ちは十分伝わりました。ならば、次からは特定政党の街宣車から降りて、一国民として街頭で訴えて下さい。そうすれば、世間の反応もまた変わってくるでしょう。
2012.11.05 演説会

日本講座が行われた同じ日に、ヨドバシ梅田前で2時間半にわたり、7名の弁士が時局問題について熱論を繰り広げました。繁華街での演説会、反応の高さが伺えました。
「不条理を糺す有志の会」は、毎月第一日曜、午後2時から2時間、ヨドバシ梅田前で定例的に演説会を開催しております。ご関心のある方は是非お越し下さい。
[日本講座]
日時:平成24年11月4日(日)
【受付】
午前9時35分
【開講】
午前9時50分
【場所】
OCAT(大阪シティターミナルビル4F)大阪市立難波市民学習センター
大阪市浪速区港町1丁目4-1 TEL06(6635)3000
【参加費】
1,000円(お茶付き)
【弁士】
井上和夫氏「反共同志会副代表」
林万平氏「日本講座総本部会長」
細田政一氏「日本民族行動会議議長」

[御報告]
日本講座当日11月4日(日)午後2時~4時まで
ヨドバシカメラ南側にて車両停止街宣を行いますので御見学・御参加のほど、重ねて御願い申し上げます。
2012.11.03 奉祝 明治節
本日は、明治節の佳節に相応しい秋晴れとなりました。誠におめでとうございます。
皇室御一家の益々の繁栄を心より御祈念申し上げます。

2672年霜月3日
大東亜青年倶楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。