上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.20 奉祝 地久節
本日は地久節、誠におめでとうございます。
皇后陛下、ならびに皇室の益々の弥栄を心よりお祈り申し上げます。

2672年神無月20日
大東亜青年倶楽部
スポンサーサイト
沖縄駐留米軍による、日本人女性暴行事件がまた起きた。報道されないものも含めると、こうした蹂躙には枚挙に暇がないだろう。しかし、こうした事件に対し、確固たる意見を述べたメディアは数少ない。
一部では、「この事件でまた反基地左翼が蠢動する」「オスプレイや安保とは別に考える事柄だ」などの意見がでている。仲井真沖縄県知事の言葉を借れば、こうした意見が私たち日本人から出ること自体、正に「正気の沙汰ではない」。私たちの同胞が蹂躙されていながら、反省も抗議の一つも要求せず、これまで同様の体制で良しとする発想自体、卑屈な「平和国家日本」の白痴ぶりを露呈している。不条理にはあらん限り抵抗するものではないのか!?それすらしない国家とは一体何なのか?

私たちの立場は、終始一貫して反米である。このような暴虐ぶりを世界中でさらし続ける限り、米国及びWASPに未来はないことを最大限警告する。
そして、今の私たちを覆っている厚い厚い雲を払いのけることが、皇土復興の正道であると確信する。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。