上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.29 秘密基地。
daitoua.jpg

やっぱ!

友達は、いい!



スポンサーサイト
2012.06.27 匿名。
よく、ブログや2チャンネルで固有名詞をだして!

あいつは、ヘタレや!とか匿名で正面から物言えない!汚い心が荒んだ奴や!

とか言う純粋ごっこ君や、わしは、その辺の奴とは違う

キチガイ君だ!どや!わしは、かっこええやろ君がいてる。

そう言う奴が!一番自分がヘタレだ!ということは、自覚しているはずだ!

こういうことを書くわしも、ヘタレ君だ!

わしは、座りションベン野郎だが、座りションベンのやり方も色々やと思う!

無理して!自分の身丈を伸ばし!たってションベンをしようとすると足元をすくわれ!

自分のションベンで自分を臭く汚す!

人の頭を金属バットでフルスイング君 万歳!



2012.06.23 日本講座
標記の通り、大阪で「日本講座」という政治勉強会が隔月で開催されている。
今回で三回目。参加者はさほど多くはないが、その分密度の濃い内容が維持できているように思う。
次回はどんなテーマで切り込むのか、期待したいところである。

6月10日、心斎橋で、白昼堂々悲惨な殺人事件が起こった。
誠に身勝手な理由による許し難い事件だが、敢えてここでは「即刻死刑にせよ」とか、犯人の成育環境であるとかには触れるつもりはない。
ただ、最近「こういう事件が増えてきたなぁ…」という嘆きはよく耳にする。凶悪な事件のみならず、生保不正受給しかり、ゴネ得としかいいようがない理不尽な事が身の回りで起こってきているのは事実だろう。何しろ政財界が先導きってやっているのだからどうしようもない。

こうした状況を見るにつけ、日本が融解しかけている、と警鐘を鳴らす人もいれば、神州は不滅であると、最後まで日本を信じる人もいる。
どちらも大正論であり、またある意味で間違ってもいる。
現状に危機感を募らせるのもよく分かる。だが、そこに現実的な防御策を唱える人は少ない。後者も、よく分かる。だが、そこにあるのは悠遠な理想ではあれ、理想にたどり着くために今何をしなければならないかを言う人は少ない。
私たちは、ではどうすればこのアノミーな状況を克服出来るのだろう。

1つ確実に言えるのは、月並みだが「生きる」ということだろう。
生きていなければ、何事をもなし得ない。それこそ、自殺や他殺など、絶対にやってはならない。
通り魔を起こしたこの容疑者に限らず、皆行きづらい世の中なのだ。悲観も誰だってしている。ただし、それも生きているからこそ感じられる心情ではないのか。
生きるのはつらく悲しい。ただし、楽しく幸せな時もある。みすみす自分からそれを捨て去るのはもったいない。容疑者には、生涯かけてそれを考えてほしい。それが償いになると信じる。
生きる望みを捨てずに理想を追求することが、やはり王道ではないかと思う。
今日昼休み、何気なく外を見たら、「全日本年金者組合」という団体による、「命の輝きデモ」なる行進を目にした。
日共系の団体によるその行動、参加者は平均60台くらいだろうか、いわゆる年金世代の方が多かった。
初夏の昼下がり、ゆっくりと進むデモ行進。主張の賛否はともあれ、こういうほのぼのした光景もなかなかいいものだと思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。