上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.24 抗議声明
鳩山内閣が、米軍基地を辺野古に移設すると下した結論に対し、当倶楽部は最大限の怒りを込めて、厳重に抗議する。
「最低でも県外」などという耳障りの良い言葉を垂れ流し、日本中を混迷に陥れた責任は極めて重い。
反米愛国同志は、鳩山首相の「最低でも県外」との言葉にわずかな期待を持っていた。
我々は県外から国外へ、段階的ではあれ、皇土から米帝を撤退させることが、日本の自立につながるものと信じているからだ。
ところが、結局、自民党政権時と同じ案で沖縄県の同胞に負担を強いる結果となった。
自民党政権よりもひどい実態に、閉口せざるを得ない。
今こそ、鳩山内閣は公約を反故にした責任をとって辞職すると共に、日本国民には反既成政党、反米愛国の闘争心でもって、YP体制打倒に向け、覚醒することを期するものである。

平成22年5月24日
大東亜青年倶楽部
スポンサーサイト
昨日は5月15日。
世間では忘れられつつあるが、かつてこの日に、凄まじい程の至純至誠な怒りの発露があった。
教科書などでは、この日のことを、「政党政治の終焉」とか「軍部台頭の口火を切った」「テロリズムが横行した」などと評価している。そういう面は確かにあっただろう。
しかし、実行した側の言い分は埋もれたままになっているのが実情である。彼らの言い分に耳を傾けると、単純な人殺しなどではくくれない、もっと悩みに悩み抜いた末の行動であったことが分かるはずだ。

南方にタイという国がある。
現在、政情不安によって、実質的な鎖国状態になってしまっている。かの国内ではただ今もなお、流血が止むことはない。
しかし、思うのである。
国の舵取りを巡って、民衆のマグマを頂点までぶつけることそのものは、国民国家としてはむしろ正常であると。羨望すら感じる。「日本国」の現状を見るにつけ、余計にそう感じる。

... 続きを読む




「5・2 憲法を考える集会 大阪」

【日時】
平成22(2010)年5月2日(日)

午後4時~ 集会開始
午後5時~ 行進出発
午後6時~ 解散(予定)

【場所】
(集合)大阪市 日本橋日東公園
(行程)堺筋~千日前~難波(約1時間)

【主催】一日会ほか

今年も、大阪にて憲法を考える集会を開催致します。
今年は、主催も変わり、開催も1日前倒ししております。

同志同憂の皆さん、街頭へ出よう!そして大いに主張しよう!
主体的ご参加、心よりお待ち申し上げております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。